• facebook
  • instagram

韓味一創設者である朴三淳から
引き継がれた唯一無二の
入ルの蔘鷄湯

蔘鷄湯とはその昔、韓国宮廷料理の一つで
まるごとの鶏をそのまま使用し、
その鶏の中にもち米を詰めて高麗人参、なつめ、にんにくなどと
いっしょに炊いた料理が蔘鷄湯です。

現在韓国では薬膳料理として親しまれ、
土用の丑の日に蔘鷄湯を食べて滋養強壮、
活力をつけるという夏を代表する料理のうちのひとつです。

『入ルの蔘鷄湯』は大阪・鶴橋で四〇数年の歴史を持つ
韓国料理専門店の韓味一の創設者でもある朴三淳から
一子相伝された唯一無二の由緒のある蔘鷄湯です。

『入ルの蔘鷄湯』は小さな鶏は使わず、
大きめの鶏の中にしっかりもち米が入り、
スープには高麗人参やなつめが薬膳の効果を生み出し、
それがほぐされた鶏肉ともち米とがおたがいを
引き立たせ合います。

味は蔘鷄湯と言えばオリジナルで味つけをするところ、
朴三淳の独自の考えによりはじめから味がつけてあることも
『入ルの蔘鷄湯』の特徴と言っても過言ではありません。

ぜひ一度『入ルの蔘鷄湯』を味わってみてください。
きっと、朴三淳が伝えたかった心も体も
あたたかくしてくれるはずです。

蔘鷄湯とはその昔、韓国宮廷料理の一つで
まるごとの鶏をそのまま使用し、
その鶏の中にもち米を詰めて
高麗人参、なつめ、にんにくなどといっしょに
炊いた料理が蔘鷄湯です。

現在韓国では薬膳料理として親しまれ、
土用の丑の日に蔘鷄湯を食べて滋養強壮、
活力をつけるという夏を代表する
料理のうちのひとつです。

『入ルの蔘鷄湯』は大阪・鶴橋で四〇数年の歴史を
持つ韓国料理専門店の韓味一の創設者でもある
朴三淳から一子相伝された唯一無二の
由緒のある蔘鷄湯です。

『入ルの蔘鷄湯』は小さな鶏は使わず、
大きめの鶏の中にしっかりもち米が入り、
スープには高麗人参やなつめが薬膳の
効果を生み出し、それがほぐされた鶏肉と
もち米とがおたがいを引き立たせ合います。

味は蔘鷄湯と言えば
オリジナルで味つけをするところ、
朴三淳の独自の考えによりはじめから
味がつけてあることも『入ルの蔘鷄湯』の
特徴と言っても過言ではありません。

ぜひ一度『入ルの蔘鷄湯』を味わってみてください。

きっと、朴三淳が伝えたかった
心も体もあたたかくしてくれるはずです。